読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人格マグネティズム

国語の資料集(中学)でみて気に入った言葉をタイトルに引用しようとしたけど微妙に違った

ちん

2012年のわたくしが公開をためらったであろうブログ全部公開しました。

過去の私に対する羞恥プレイでありなおかつ自慰行為です。

書き途中だったものは勝手に完結させました。

うんこしながら見てください!

花は散るから美しい

お花見シーズン到来ですね

まだの人は早いうちに行った方がよさそうですよ

木曜には雨で散ってしまうかもしれませんからね

ああ、関東の話です

 

花見で純粋に桜を見てる人ってのはなかなかいないですよね

なんだろうその・・・そうだ雰囲気、雰囲気を楽しんでいるんです

すぐに散ってしまう桜の下で長らく付き合ってきた仲間、或いはこれから付き合っていく仲間とワイワイする

いいですねぇ

ぼっちマンのぼくには縁のないイベントかもしれませんがね

 

桜が年中咲いていたらどうしますか?

毎日花見大会ですか?

そんなことは無い(と信じたい)ですね

 

桜は散るから美しいのです

桜だけではありません

人も、犬も、芋虫も、

終わりがあるから美しいし、儚いのです

これはひとえに命があるおかげと言っていいでしょう

 

 

生きるための営みってのは見ていていい気分になれます

例えば人の食べる姿

食べるために手を動かしてモグモグしてゴックンという一連の動作

ビューディフルすぎます(食レポとかは見せるために食べてるからNGです)

人間臭さというかそういうのがぼくはとっても好きです

 

 

コラム

不謹慎かもしれないが震災の日の夜空は見ものだった

 

停電で街灯はついておらず、24h営業のコンビニも締まっていた夜道はすごく無気味で怖かった

 

怖さを紛らわすために気取って空なんて見上げてみるとそこには絶景が広がっていた

 

普段はあまり意識しない夜空だが、この日ばかりは釘付けになった

 

 

ぼくは天体の教養ないマンなのでオリオン座しか分からなかったがとにかくきれいだったのをはっきりと覚えている

 

 

だがそんなきれいなモノ、或いはニュースなどでおもしろおかしく報道されている美談にばっかり目を向けていられないのが震災のつらいところだ

 

2年たった今も苦しんでる人は少なからず存在している

さらに原発や震災がれきなど、問題は山積みだ

 

これらを誰かが解決しなければならない

 

正直、誰だってこんな面倒な問題に触れたくない

 

でも誰かが・・・誰かが・・・

 

誰か・・・・・・

 

・・・

 

誰か is 我々 だっ!!!

 

 

これからはぼくらが主役の時代だ

ぼくらの生きる環境を少しでも良くするため、また次の世代のため

いっちょ踏ん張ってみよう

 

 

 

 

 

結婚したい!!!!!!!

 

オワタ

いぇいいぇいいぇい

最近の悩みは

おはよう、いただきます、ごちそうさま、さよなら、おやすみなさい

が言えないことです

おはようって言おうとすると謎のストッパーがかかって「おhyス」って感じになっちゃいます

コミュ将つらぽよ

エゴイズム

私の世界は私を中心に回っている

私という軸の周りを他人がクルクル回っているにすぎないのだ

絶対に野田総理の耳には届かないし、オバマ大統領が悲しむこともない

世界は自分を中心に動いているはずなのに、野田総理オバマ大統領も私の人生におけるエキストラに過ぎないはずなのに

私はそのエキストラに対する影響力も持たないのか

やりなおし

例えば割れたガラス

これは元に戻すことはできない

でも骨は折れても元に戻る

 

切れた紙は元には戻らない

でも切り傷は元に戻る

 

傷ついたCDは元に戻らない

でも忘れてた記憶は元に戻る


わたくしたちはやりなおせます 

妄想

頭の中で考えていたこと(つまり妄想)を実際に文字に起こしてしまうと

どうも脳内での輝きを失う

やっぱり妄想には妄想の輝けるステージというものがあって

私の場合脳内がそれだということだろう

小説家だと紙になるのかな?

 

今年も残すところ4か月となって、焦っている人や、別に気に留めていない人

いろいろいるでしょうが

なぁに

焦ることはありません

2012年に人類は滅ぶのだから→ソース